メニューを飛ばして本文へ

高岡商工会議所の会報『ライブリー高岡』の5月号が発行されました。

2014年05月12日更新

 富山県高岡市、高岡商工会議所の会報『ライブリー高岡』の5月号が発行されました。引き続き今年度も、弊社代表の井澤が「続・業績アップのヒント」と題してコラムを連載させて頂いております。
第2回は「顧客ピラミッドで売上を上げる」についてです。

Livery1405_%E7%B8%AE.jpg

 前回に引き続き、売上アップに関する方法をご紹介させて頂きます。まず初めにお伝えするのが売上げアップのためには顧客段階に応じた仕掛け作りが非常に重要な鍵となるということです。ではどういった仕掛け作りを行うのか段階ごとに見ていきましょう。

140509_%20%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%BC5%E6%9C%88%E5%8F%B7_%E7%B8%AE.jpg

ステップ1(見込客):店頭演出・HPなどで販促を行い、新規顧客を獲得
ステップ2(新規客):再来店してもらえる次回来店のクーポンを発行
ステップ3(再来客):定期的に来店してもらうためにDMを発行
スッテプ4(常連客):上得意客になってもらうためのVIPカードの発行

 このように客層を段階ごとに分け、見込客・新規客・再来店客それぞれに対して異なった広告・販促を行っていきます。いかにして見込客を上得意客へ育成していく流れを作れるかが重要となるのです。

 もう1つ大切なのが、顧客へアプローチを行うための顧客リストを獲得することです。他にもLINEやFacebookを顧客リストの代替にすることも可能です。

 ただし、リピートのある業種の場合は新規顧客の獲得の前に固定客化の仕組みを作っていくことも忘れてはいけません。なぜなら固定客化の仕組みがない状態で新規客ばかり獲得しても、顧客が流失してしまっては意味がないからです。

皆さまの会社でも顧客段階ごとにアプローチできる流れを考えてみてください!

競合が増えて収益が安定しない飲食店が、お客様から選ばれて繁盛店になる方法!『成長し続ける繁盛店づくり』動画解説

特典の紹介