メニューを飛ばして本文へ

立地の重要性とその特徴~その3~

2014年12月04日配信

こんにちは!

業績アップを実現する
飲食コンサルタントの井澤です。


Facebookを投稿しています。

メルマガからどんどん友達が
増えています。よろしければ、
友達申請をしてくださいね!
友達が難しければ、フォローも可能です。

https://www.facebook.com/takeshi.izawa.14


------------------------------------
立地の重要性とその特徴~その3~
------------------------------------

前回は、具体的な立地の特性について
解説しました。

今回は繁華街と住宅街について
ご紹介します。


・繁華街
繁華街立地のお店は一般的には
近年、集客に悩まされている店舗が
多いと言えます。

大型ショッピングセンターが郊外に
できたため、繁華街へ行く人が
減ってきたことが要因の一つです。

昔からのある商店街立地などは、
特に集客できないケースが
全国的に見られます。

当然ケースバイケースなので、
実際に気になるエリアがあれば、
集客度合いを調べてから出店や移転を
検討してください。

・住宅街
住宅街の場合、近隣に住んでいる人が
主なターゲットになるため、どんな人
が多く住んでいるエリアなのかを
把握していく必要があります。


高齢者や年配層が多い古めの住宅地
なのか、子供の小さいファミリーの
多い新興住宅地なのか、

それとも、
高所得者が多いエリアなのか、
近隣者の客層に応じて店舗の形を
変えていく発想が必要です。

ただし、基本的に住宅地は交通量が
少ないため、多くの人にお店を
知ってもらう機会が少なくなります。

結果的に認知度が低く、
集客しづらくなる傾向があります。

逆に隠れ家的なお店であれば、
住宅街が適しているケースも
あります。


大切なことは、立地と客層を正しく
把握して、自店の立地と客層に
あったお店作りをしていくことです。


------------------------------------
スカイプコンサル大好評!
------------------------------------

弊社のスカイプコンサルでは、
業績アップの抜本的改善だけでなく、
LINE@、Facebook、食べログ等
のツールをどう総合的に活用して
行けばよいのか、よりわかりやすく
具体的にお伝えしています。

ご興味ある方はクリック↓

スカイプコンサルティング
http://i-magazine.jp/bm/p/aa/fw.php?i=risewill&c=11&n=__no__

競合が増えて収益が安定しない飲食店が、お客様から選ばれて繁盛店になる方法!『成長し続ける繁盛店づくり』動画解説

特典の紹介