メニューを飛ばして本文へ

宴会営業代行サービス

最近、販促の効果が落ちていませんか?

この不況下において、皆様のお店でも、さまざまな販促にお取り組みだと思います。
しかし、情報誌に掲載したり、チラシを配布したり、DMを出したり、毎回同じような販促を行っているため、徐々に効果が薄くなってくるケースが見られます。

また、情報誌掲載やチラシなど、「手軽だが短期的な成果しか見込めない」販促にコストを掛けすぎていることはありませんか?

確かに販促は複合的に取り組むことが必要ですが、他の競合店と似たような販促ばかり取り組んでいては、結局、大きな成果を生むことは難しいと言えます。

「法人営業」してますか?

そんな中、不況下だからこそ注目されている販促手法の一つに、「法人営業」があります。
法人営業とは、自店の近くの会社、店舗、役所、病院、学校などに、訪問営業を行うことです。

なぜ、法人営業が注目されているかというと、ほとんどのお店がやっていないからです。
営業というと、「ウチじゃ、無理だよ」と諦めているお店が非常に多いのです。

そのため、お客様にとって新鮮な販促となり、効果が出やすい訳です。情報誌への掲載も、チラシも、インターネットも、「誰もやっていない頃が最も効果が高かった」のです。

つまり、法人営業という販促は、競争相手が少ないため、高い効果を上げることができるのです。

「単発的」かつ「場当たり的」な営業では意味が無い

法人営業に取り組んでいるお店が少ない中、「ウチは法人営業やってるよ」というお店や、実際に効果を出されているお店もあると思います。

しかし、私がこれまで多くの経営者の方にお話を聞いた中では、法人営業に本気で取り組んでいるお店は極めて少ないと思います。多くのお店では、店長さんかスタッフさんが、「行ける時に」「ただ販促物を持って」「単発的に」取り組んでおられるのが実態です。
その結果、どうしても「行き当たりばったり」になってしまい、長期的に成果を生むことができないのが現実です。

現場では、店長やスタッフの方が、社長やマネージャーに「営業にまわって来い!」とか、「目標との差異を埋めるために、営業するしかないだろう」と言われているようです。

そして、無理に宴会を獲得しようと強引な営業をした結果、法人先から冷たく断られ、二度とその会社に行けなくなってしまうのです。そればかりではなく、営業する本人が訪問営業への「苦手意識」を持ってしまい、次から行きたくなくなるという悪循環に陥るのです。

信頼関係を結びながら法人顧客を育てていく

ライズウィルでは、この「効果があることは分かっているが、なかなかできない」法人営業を飲食店様に代わって実践してきました。これまで実際に5000件以上の訪問活動の中から、独自の法人営業のノウハウを確立してきたのです。

2008年9月 日経レストラン

日経レストランの2008年9月号(忘年会特集)の中で、弊社の訪問営業のノウハウを取り上げて頂きましたが、大切なことは、「長期的かつ戦略的に」営業を行うことです。
「宴会を獲得するぞ!」という刈り取り型の営業ではなく、法人顧客との信頼関係を結びながら、顧客を育てていく育成型の営業活動を行うことが重要です。

具体的には、飲食店の周辺法人を会員制度によって組織化していくのです。
つまり、法人にただチラシを持っていっても、しばらくしてチラシを捨てられるとそれで終わりです。しかし、法人会員であれば、何度訪問しても嫌がられることもなく、営業活動もスムーズに進み、利用頻度も高まっていきます。


次に成功事例をご紹介します。

※ 宴会営業代行サービスは、独自のノウハウでエリア制のご支援となっており、店舗名を公開することでお客様にとっての販促の独自性が失われる可能性があるため、具体的な店舗名を明らかにすることができません。ご了承をお願い申し上げます。

法人会員100社獲得!今後の継続的な成果に期待大!

業態 和風居酒屋 成果
営業開始後、4ヶ月で予約件数23件獲得。
売上成果1,032,056円。
5ヶ月で法人 会員を100社獲得!
予約がどんどん入っている。
店舗数 独自業態3店舗
月商 800~1000万円程度
客単価 約5000円
席数 96席

1. 法人営業の何がいいですか?

やはり、外注できるという点が一番いいです。人を雇う必要が無く、変動費で依頼できるので気軽ですし、リスクも低いです。また、営業のノウハウが無かったため、それを学ぶことができてよかったと思います。あとは、成果が安定的に、長期的に見込めることがいいです。まだ半年足らずですが、確実な手ごたえを感じています。

2. 費用対効果はどうですか?

   これまではほとんど販促をやってこなかったのですが、これは最初から費用対効果が合うことは予想できていました。すでに費用以上の成果が上がっていますし、今後は費用はほとんど増えず、成果が伸びていく形になります。もう一店舗でも導入予定です。


2年間で売上成果500万を達成!

業態 和風創作居酒屋 成果
営業開始後、2ヶ月で予約件数21件獲得。
売上成果 約50万円。
2年間で売上成果が500万円を超える。
店舗数 2店舗
月商 600~800万円程度
客単価 600~800万円程度
席数 66席

1. 法人営業の何がいいですか?

法人会員50件があるので、大きな会社にはチラシを1枚持っていくだけで、社員さん全員にお知らせできるので、効率的です。また、お客様の生の声が聞けるのでいいですね。

2. 費用対効果はどうですか?

最初は基盤をつくるために頻繁にまわらないといけませんが、一旦法人会員ができてしまうと、どんどん予約が入ってきますし、あとからは顔出しや挨拶程度で経費を抑えることができます。だんだん、少ない経費でやっていけるので、後からが特に費用対効果でいいですね


2ヶ月で予約売上636,880円の成果!10.2%の予約獲得率を達成。

業態 創作料理店 成果
営業開始後、2ヶ月で予約件数10件獲得
売上成果636,880円
訪問件数98件に対して、10.2%の予約獲得率
店舗数 2店舗(FC含む)
月商 500~700万円程度
客単価 3500円
席数 62席

1. 法人営業の何がいいですか?

 飲食店では営業が嫌いな人種が集まっているんで、なかなか自分たちでは営業はできないです。店長にまわれと言っても忙しいし、苦手意識もあり、やり方もわからないので、はっきり言って不可能だと思います。そこを代行してもらえるのは、ありがたいと思いますね。

2. 費用対効果はどうですか?

  宴会期などは効果があるので、今後もお願いしたいです。これまで取り組んできて、基本的に費用対効果があることは分かりました。今後は半年、1年と継続して取り組んでいくときにより効果を高めていきたいです。


※ お客様の詳細に関して、お客様の保護とノウハウの保守のため、非公開とさせて頂いております。

そうはいっても、営業ってなかなかできないよね

上記のように、実際の法人営業の戦略をお伝えしても、「そうはいっても、できないな~」というお店もあります。現場の店長はやる仕事が無数にあり、すでに充分忙しい場合が多いからです。

そこで、ライズウィルでは、宴会営業代行サービスを行っています。これは、お忙しい経営者様や店長様に代わって、お店の法人営業を代行することです。
お店の営業戦略の立案から実際の営業まで、まるごと代行させて頂く「まるごと代行サービス」と、「営業担当者はいるので、やり方を教えてほしい」というお店向けの「おしえて!代行サービス」があります。

面倒で難しい営業活動を、専門家である弊社に外注頂くことで、より重要な課題に取り組むことができます。
本気で法人営業に取り組みたいお店におすすめのサービスです。


競合が増えて収益が安定しない飲食店が、お客様から選ばれて繁盛店になる方法!『成長し続ける繁盛店づくり』動画解説

特典の紹介